なんらかの事情で車の買い換えを行う際、最近の流れとしては、買い取り業者に査定を依頼し、車を売却することも一般的になってきました。



ひとつ気にしておきたいのは、事故歴や修理歴について、相手にきちんと伝えておかないとどうなるか、です。

売買契約時に店と契約書を交わします。そこに記載されている買取査定規約を見てみると、車の事故歴について、それを把握している場合は申告の義務があるとされています。そのため、事故歴などを故意に隠していたことが分かった場合、契約後、あるいは買い取り後であっても業者は事後減額要求できることになっていますので、査定額を落とさないために事故歴を隠すと却って損をすることになります。事故車の修理代は、考えているよりも高いです。廃車にしてしまおうかとも頭に浮かびましたが、買い取ってくれる企業もある事を発見しました。できることならば、売ってしまいたいと思っていたため、大変喜ばしく思いました。
即、事故車買取専門業者を呼び、買取を完了しました。中古車の買取を依頼する際、あまりに古く動かない車であっても有料買取してもらえるのかは多くの方が気にすることでしょう。


その車がもう動かないものでも、日本車は品質や性能の良いパーツが取れることから、そこに価値を見出す業者も少なくないので、いくらかでも有料で買い取ってもらえる場合はあるでしょう。そうした車を主に買い取っている業者も存在するので、いくつか業者を調べてみることをお勧めします。

Post Navigation