私の経験ですが、交通事故をこれまでにだいたい10回程度、起こしてしまっています。



破損がひどく、自走が困難な場合にはそのままではどうしようもないので、レッカー車で車を運んでもらいます。

そして、わずかな買取額にはなりますが、近所にある買い取り専門業者に買ってもらいます。


事故車を処分するとしても意外と、お金が必要ですから、事故車でも買い取ってくれる業者には感謝しています。
車査定を受ける前に、以下のことをやっておきましょう。
急いでいても、一社の査定だけで契約しない方がいいのです。簡単に利用できる一括査定サイトもあるので、買取の可能性がある業者を全て比べるのが賢明です。事前の見積もりと現物査定に差が出ないよう、車の内外を掃除することが有利な査定につながります。
最後に、査定の際には必要書類の提示を求められるので、あらかじめ用意しておかなくてはなりません。

車を買取に出す際の流れというと、一括査定サイトの業者の中から、実際の交渉先を選んで、現物の査定に来てもらうというのが一般的と言って差し支えないでしょう。
前者はネット上ということもあって半ば機械的ですが、後者は業者の担当者との人対人、つまり、交渉によって買取額を釣り上げられる場合もあるのです。
少し手間をかけてもいいなら、複数社の現物査定を実際に受けてみて、それに基づいて価格交渉してもいいでしょう。

Post Navigation