車を売ろう!と思うとき、車検切れの場合はどうすれば良いのかためらうがあります。



車を少しでも高く売るには先に車検に出した方が良いのではないかと考えるかもしれません。しかし、必ずしもそれが正しいわけじゃないんです。
もし車検に出したとしても、それに、見合う買い取り額、査定額の上乗せは望めません。結局、高くならないなら、車検切れの状態で査定を受けた方が全体でみてお得なのです。車を売却査定する時には、書類が色々と必要となります。例えば、をはじめ発行後1ヶ月以内の印鑑証明、自賠責保険証明書、自動車納税証明書などが特に必要で、また実印も準備しておくことが必要です。

また、業者で書く書類として、譲渡証明書や委任状が必要になります。
スムーズな車査定のステップとしては、一括査定サイトなどで複数の中古車買取業者に査定を申し込み、数カ所を選択し、現物査定を依頼します。

実物を査定してもらった中から車を買い取ってもらうのをどこの業者にするか決め、契約を申し込み、売買に至ります。


代金を受け取れるのは後日です。

多くは銀行口座に振り込まれるパターンです。しかし、経営規模が中程度以下の中古車買取業者に車を買い取ってもらう時には、不測の事態を避けるため、現金での取引が無難でしょう。



Post Navigation