中古車の買取してもらう際にわずかな額でも査定を高くしようと車検切れした車を車検に通してから査定に出そうとする人も多くいます。
査定業者では自社の工場にて車検を通している業者が多いので、多少、上がった査定金額より自分で通した車検の代金の方がかかるのです。


車検が間近となった時でも、買取査定を受けた方が良いです。


査定を受けることが決まった車について、傷やへこみをどうしようか判断に迷うこともあるでしょう。小さくて浅い、自分で修理可能な傷だったら、処置してきれいにしておくのがベターですが、お金を使って修理に出すのはおすすめしません。


どうしてかというと修理して査定額が上がったとしても修理代金の方が大きくなってしまうからで、自分で直せないくらいの傷なら修理しないままで査定を受け入れるのが良いでしょう。車を買取業者に引き取ってもらう際、自動車税に関しても注意が必要です。



過去に支払った自動車税は月賦で返してもらえるようにはなっていますが、それが買取額に含まれている、という場合もあるのです。



他の買取の業者よりも高い値を付けてもらえたと思っていると、本当は低い価格だったということも起こり得ますから、自動車に関する税金をどのように処理するかは大切です。

Post Navigation