日産のノートには大量に際だった特徴があります。

詳しく言えば、コンパクトカーでありながら、ゆとりのある室内空間を現実にしています。その上、排気量1.2Lで1.5Lと同じくらいのパワーと走行性機能があり、抜群の燃費効率が自慢です。上等なインテリアやアラウンドビューモニターなど、全面的にワンランク上だといえます。


車を売るにあたり、エアロパーツのことが気になっていました。



元々、純正のエアロパーツにお気に入りがなかったので、社外パーツを装備してしまったため、査定額の低下は覚悟していました。

でも、何個ものの業者に出張査定を頼んだら、エアロパーツを加算評価してくれたところもあって、満足できるプライスを引き出せました。車についてしまったすり傷や壊れた個所は、あまり直さずに査定に提出するようにしましょう。すり傷や故障があれば、それだけ査定の評価額は低い水準になってしまいます。



しかし、かすり傷や故障は、買い取ってくれる会社が自社で整備、壊れた個所を修繕したりするので、評価する前に直しておく必要はないのです。

減らされる料金よりも、壊れた個所を治す費用の方が高く査定されてしまいます。

Post Navigation