今日では車の買い換えをする際、業者の査定を受けて売却するという人も増えてきています。こうした中、注意しておきたいのは、査定を受ける車の事故歴、修復歴について、わざと伝えず、隠そうとした場合はどうなるのか、です。

売買契約時に店と契約書を交わします。



そこに記載されている買取査定規約を見てみると、そこに、車を売却する人が、その車の事故歴についてわかっている場合には申告の義務を負うことになっています。これにより、事故歴や修復歴をあえて隠していた、申告していなかった、という場合には、契約後、あるいは買い取り後であっても事後減額要求ができることになっていますから、事故歴は隠さず、申告しておきましょう。車を手放す時の選択肢には、ディーラー下取りというものがあります。


でも、ディーラー下取りは、中古車買取業者に引き取ってもらうよりも金額が安くなってしまうことが珍しくないのです。


また、オークションを通じて売ってみるという方法もあるのですが、手数料を損してしまうことも否定出来ないということも知っておく必要があります。


車を引き取ってもらう場合には名義を変更する手続きが発生するので、書類をちゃんと揃えとくのが重要になってくるわけです。名義を変える書類や手続きの時は、自動車検査証と自賠責保険証明書、自動車税納税証明書、印鑑証明書が必要となります。ほかにも、譲渡証明書に印鑑を押すので実印も必要になってきますので忘れず用意してください。



Post Navigation