車の査定額は天気によって変わります。晴れの日、ピカピカに洗車した車を持っていけば見栄えもよく、車を大切に乗っていることが伝わりますから、高値がつくでしょう。



その反対に雨の時は、小さな傷のチェックなどがしづらいため、いつもより査定員も慎重になり、最も低い価格を提示されることがあります。
以上のことから、車査定は天気のよい日の方が有利になります。動かない車は買取もできないんじゃないかと思っている人がたくさんおられるようですが、故障して動かない車でも、買い取りを行う業者はあります。一見すると、動かない車に価値なんてないと思われがちですが、たとえまったく動かない車であっても価値はあるのです。

用いられている部品は再利用ができることですし、素材が鉄でできている車なので、もちろん鉄としての価値があります。
少しでも査定額を高くするためにも、限定車や人気車種などの有利な条件がある場合には良いところなので隠さずに好条件の交渉ポイントにしたいものです。

しかし、しつこすぎると、むしろ逆効果になることも考えられますので気を付けましょう。他にも、決算時期に合わせたり、一括査定サイトの利用という方法を使うと査定額がアップする可能性があります。


Post Navigation