新しい車に購入し直す時、ずっと乗ってきた自動車は販売業者で下取りしていただく方がたくさんだと思います。

しかしながら、ディーラーでの調査では製造年と走行距離によって判断されてしまう事がおおかたですから、新車ではない車を扱う市場で、人気がある自動車でもそれほど高いお金の査定は望みはもてないでしょう。


車を売却査定する時には、いろんな書類が必要なのです。

例えば、車検証をはじめ発行後1ヶ月以内の印鑑証明、自賠責保険証明書、自動車納税証明書などが主に必要で、後、実印なども用意することが必要です。
あとは実際の店舗で用意する書類として、譲渡証明書や委任状などもあります。


買取で高値が付く車というとやはり軽自動車でしょう。

「最近では足代わりに安い車が欲しいというお客様が増えてきている」「お客さんに貸し出す代車としても使える」などと中古車買取業者の人はコメントしています。
近年では普通車と変わらないくらい大きい軽自動車もあるので、家族連れからの需要も意外とあるようです。


軽自動車は燃料費や税金の負担が軽く、仕入れる先から売れていくので、おのずと買取の金額も高くなってくるのですね。

Post Navigation