車を売ろうと考えたときに注意しておきたいことが、一度契約を行ったあとで、買取額を当初より下げられたり、代金を業者がなかなか支払わないといった問題です。

トラブルに遭って損をしたりしないためにも、買取業者選びは慎重な姿勢で行いましょう。また、査定の際にはウソをつくと問題を起こす可能性を高めてしまいます。中古車を売却するときに必要となる事項を挙げてみます。

売却したお金を振り込むための振込口座と自動車検査証や印鑑証明(発行後1か月以内の物を2通)等を用意しておきましょう。説明書やスペアキーもあれば査定金額が上がる可能性もあると思います。

もちろん、事故車であっても査定を申し込むことは可能ですが、査定にはかなりマイナスになるでしょう。

とは言っても、事故車であるということを隠そうとしても査定する人は事故車であることは分かるので、マイナスになってしまいます。事故によるダメージが大きすぎる場合には、買取業者の中でも、事故車専門の中古車の買取業者に査定してもらうと良いでしょう。



こちらの方がより良い査定額を提示してくれることも少なくありません。



Post Navigation