事故車のケースでは、修理料金をはずんでも、事故を起こす前と同じような状態にはできないことも多々あるでしょう。
事故で車に衝撃が加わることで、フレームに歪みが発生してしまうと、キレイに直せないこともありえます。事故車を修理するのにお金を使っても、事故車両を専門に買取している業者に売り払って、新車を購入する方が安全という意味ではいいかもしれません。車を友達や知人に買ってもらう場合、知っている人だからと安心するのは注意が必要です。
必要な手続きがなされていなければ、お金を無意味に払わされることになるかもしれません。



大きな問題が後々生じないように重要になる名義変更などの手続きは漏れのないようにきちんとやっておきましょう。



車の買い換えですが、最近では、専門の買い取り業者に車の査定を頼む人が大勢います。ひとつ気にしておきたいのは、査定を受ける際に、故意に事故歴や修理歴を伝えなかったらどうなるか、です。売買契約時に店と契約書を交わします。そこに記載されている買取査定規約を見てみると、車の事故歴について、それを把握している場合はそのことを申告する義務について記されています。ですから、事故歴を知っていて隠していた場合は、契約後、あるいは買い取り後であっても業者側からの事後減額要求が可能とされており、くれぐれも事故歴の申告を怠ってはいけません。



Post Navigation