車の状態は売却価格の決定においてとても大事なポイントになります。故障しているところがある場合、見てすぐにわかるような損傷箇所がある場合は、大きく売却額を下げることになってしまいます。
走った距離は基本的に少ないのに比例して評価も高くなると思ってください。
新品の車を買って5年乗った後であるなら、3万キロとか4万キロだと査定額が高くなります。買取にまつわる詐欺被害も起きているので気を付けてください。
比較的高めの査定金額で客を釣って契約を結ばせ、あれやこれやと文句を付けて大幅に減額された金額を改めて持ち出してきます。そんな金額では買取には出せないと言うと、既に車は別の場所に移してしまったといい、運送や保管の費用だなどと言って支払いを求める手口も報告されています。



業者が車を引き取ったあとで買取代金の振込がないという詐欺事例もあります。

中古車を購入する際に気になる条件といえば、年式に加えて、走行距離でしょうね。

概ね中古車の走行距離とは、1年間で1万km程度と考えていいと思います。
ですから、10年間の使用で10万kmくらいが一般的な中古車の走行距離になります。



Post Navigation