どんなケースでも車の査定は走った距離が短いほど査定にプラスとなります。走った距離の長い方が、その分だけ車の状態が劣化してしまうからです。

そうではあっても、走行距離メーターに何か細工を加えると詐欺になりますから、走ったものは諦めましょう。今度から、いつかは車を売りに出すことも頭に入れておいて無駄には走らないようにすることをお勧めします。


結婚したことを機に、これまで愛車としていた中古車を売って、次は大型車に買い換えました。軽なんて売っても所詮、二束三文だろうと勝手に思っていたのですが、見積もりを聞いて驚きました。

思っていたより随分と返ってきた見積金額が高かったのです。買取業者によれば、軽自動車は結構人気があるそうで、高い値段で引き取ってくれるのだそうです。



中古車を購入しようとするときに気になる条件といえば、年式はもちろんですが、走行距離でしょうね。概ね中古車の走行距離というのは、1年間で1万kmほどというのが平均的です。


そうすると、10年間の使用で10万kmくらいが一般的な中古車の走行距離になります。

Post Navigation