業者に車を売却するときは、走行距離で査定価格に大きな違いが生じます。



車好きの人なら知っているかもしれませんが、およその基準があって、1年に10000kmを標準とするので5年で6万キロと3万キロの車があったときは3万キロのほうが高値になります。

このように同じ車なら、走行距離が短いと買取額がアップしますが、10万キロ近く走っている車は値段がつかないこともあるようです。車の種類によっても幅があり、こればかりはプロの手に委ねるしかないでしょう。
事故をして車を直した場合は、正式には事故車とは呼ばず修復暦車と呼びます。

これは車買取業者の査定において、買取査定金額が大きく下がってしまうひとつの原因となります。ただし、軽い事故による修理した場合、修復暦車とみなされない場合もあり、高額査定となる車もあります。

軽自動車税が高い最近では、中古車だって人気があります。補足させてもらうと中古車の値引きはできるの?って頭をよぎる人もいるかもしれませんが、相場観があると値段交渉に応じてくれる場合があります。
車が好きで詳しい人に同行して見てもらうと値引きしてもらえる場合がありますよ。

Post Navigation