普通、車査定を受けるのに良い時期は3月だという事になっていますね。
なぜ、3月がおススメなのでしょうか?それは生活環境が一新する4月は、車が必要になる人が多くなり、1年で一番、中古車の市場が大きく変わるからです。買いたいという業者も増え、買取価格も他の時期より少しは高額での交渉が可能になるでしょう。

自動車税の問題もありますから、いずれにしても3月中に、査定を受けて買い取ってもらうのが正解ですね。
車の買取には印鑑証明が必要になります。
実印登録をしているなら、その市役所、あるいはその出先機関で2通の発行を受けなければなりません。

今時なら証明書の発行がコンビニなどでも受けられるようになっていますし、証明書を自動発行できる機械も役所に設置してあります。注意すべき点としては、証明書は新しいもの、具体的には一ヶ月以内に発行したものを用いることです。

古いものは使えないので気を付けましょう。


処分を考えている車の状態にもよりますが、査定額がつかない場合ももちろんあります。
具合的な話ですと、発売から時間が経っているもの(10年以上)、また10万キロを超えているもの、自分好みに改造を施したもの、劣化が著しいもの、動かない事故車などに至ってはその多くが、値段が付きません。
今では多くの中古車買取業者がありますが、その中にはこうした事故車や動かない車だけを取り扱ってくれるところもあります。

劣化の激しい車の査定をお考えの場合は専門に取り扱ってくれる業者に査定してもらうのがオススメです。

Post Navigation