愛車をできるだけ有利に買い取ってもらうためには、買取業務を行っている業者に売却することが望ましいです。



さまざまな会社が車の買取業務を営んでいるので、あらかじめ買取査定の価格の市価を確認して、業者との話し合いを進めていくことがポイントです。
会社によって買取額に違いがあるので、一社だけに査定を任せると不利益になるでしょう。車の査定額を算出する際、事故車だったケースには、普通より悪い査定となることがほとんどです。そうは言っても、事故を起こしたことがないようなふりをすることは避けた方がいいです。



その理由は、後から事故歴が判明してしまいいざこざへと発展するケースが多くあるからです。

その道のプロである中古車買取業者は、素人ではないので、うまく事故歴を隠蔽したつもりでも、いずれ明るみに出てしまいます。
心の平静のためにも、包み隠さず申告した方が得策でしょう。車を買い替えるときは、ディーラーに下取りに出す人が多いようです。



ディーラーは「下取り価格は、勉強させていただきます」と言いますが、本当に1社の言い値で良いのでしょうか。
何を優先するかは本人次第ですが、車のコンディションや年式によっては下取りより買取のほうが妥当なケースも多いと思います。

うちでは妻が買い物用の車を買い替えるとき、僕は「下取りはちょっと待て」と言って、買取業者に声をかけてみました。
そしたら、下取りのほうがかなり安いことに気づきました。
買取業者に「査定通りで買うんですか」と訊いてしまったほどです。30万円までは即日現金払いという業者さんだったので、引取りと同時に現金を貰い、ディーラーから車を購入しました。下取りを断ったけれども悪い顔はされませんでしたよ。



さすがにその時は、知らないと損をしているなあと思いました。

Post Navigation