世間でよく言われているように、車の買取査定では、走行距離が10万キロを超えているものだと、査定をお願いしても、実際にはたいていが、買取不可になってしまいます。



しかし、一概にそうとも言えない場合があります。
例えば、タイヤを変えてから日が新しいとか、車検が十分に残っているといった何らかの価値がある車を売る場合には、買い取ってもらえる可能性が高いです。

一軒の買取業者で値段がつかなかったとしても、他の買取業者では買い取ってくれる場合もありますから、複数の業者を訪ねるのが良いと思います。


車の買取、下取り価格とは走行距離により大きく違ってきます。


10万kmを超えた車では下取り価格は大して望めないです。

だけど、3年で3万km以内だったり、5年で5万km以内だったり、年間で1万km以内の走行距離の車であるなら下取り価格が高価になりやすいです。過去、走った距離が少ないと車の状態が良いとの判断となるわけなのです。車の買取査定を依頼するときは、その前にきれいに掃除はしておきたいものです。収納スペースを塞ぐものは最小限にとどめ、ボディの汚れが気になるときはこの際洗車しましょう。

普通のカーシャンプーでスポンジ洗いすればOK。以前営業担当者に言われましたが、張り切って磨いて失敗する人は意外と多く、うっかりするとキズ・ハガレが生じるため、清潔さを第一に考えてください。それからホイールを含むタイヤ周りは人の足元と同じですから、きれいにしましょう。また、小キズをタッチペンで修正する人もいますが、買取後にプロが処理するほうがキレイですので、そのままにしておいてください。

Post Navigation