自賠責保険契約を解除すると残っている契約期間に応じて返金されるのですが、車両を売る時は買取を行う業者が名義変更で対応するので、返戻金を手に入れることはできません。でも、その分買取額を高くしてもらえることが少なくありません。また、自動車任意保険の際は、保険会社に聞いてみて、返戻金をもらうようにしてください。よく聞くのは、車買取の際にもめ事が起こることがあるということです。
このことについては、決して「対岸の火事」ととらえることはできません。「車売ろうかな」と計画している人なら皆が気付けば当事者になっている、ということは十分起こり得ます。

そんなリスクを回避するために、中古車を売るときには、業者の確かな信頼や実績、なおかつ、良い評価を得ているのか調べる必要がありますし、また、とりわけ契約事項の確認は大事です。この頃では、出張査定サービスをしている業者がほとんどだと思います。指定の時間帯に自宅査定スタッフが来て、車の現況をチェックして査定を行うものです。その見積り額に納得できたら、車を売る契約の手続きをして、車を提供し、買取額は数日後に金融機関の口座に振り込まれます。

Post Navigation