マイカーの買取下取り価格は走った距離によって大きく異なります。
十万kmを超えたような車だと下取り、査定価格の期待はできないです。けれども、3年で3万km以内、5年で5万km以内、1年間で1万kmぐらい走るぐらいの普通車だったなら下取り価格が高くなるかと思われます。


総距離が少なければ車の状態が良いと判断されるわけなのです。
喫煙の痕跡のあるなしが、車買取のとき、評価を大きく変えてしまいます。

どんな消臭手段を使っても、タバコの臭いや、煙やヤニの成分が車内に残ってしまうためです。
年々、非喫煙者が増えているのが現状です。

タバコを吸った痕跡がない車を買おうとすることが多いので、たばこ臭い車は買取金額が低いと考えるのが妥当です。天候によっても、車の査定額は変動します。晴れの日、ピカピカに洗車した車を持っていけば見栄えもよく、どれだけ大切な車かという事も伝わって、査定額は上がるはずです。その反対に雨の時は、軽い傷のチェックができないため、査定を行なう店員も慎重になり、最低の値段がつくこともあります。
以上のような理由で、車の査定を受けるのなら、天気のいい日の方が向いています。

Post Navigation