車を査定される時には、必要とする書類、取扱説明書、記録簿などを事前に前もって用意しておけば印象がよくなり、査定額が上がることも想定されるので、しておいて損はないでしょう。

逆に、故障や事故を起こした事などを隠したり、嘘をついたりすると悪い印象を与えます。

修理や故障をした事などを隠しても、必ずわかるようになっていますのでトラブルになるのです。
車体の下取り価格が下がる原因は、毎年1万キロ以上の走行がある、一般好みされない車体色である、キズや汚れが車体にある、付属品の破損がある、タバコの臭いが染み付いている、などが見られます。また、車体の修理をされているということもマイナス査定の要因となります。
車体を修理されていると下取り額は大幅に下がると思われます。中には、車査定を受けようとする際に、洗車をすべきか悩む人もいるようですが洗うべき、という意見と、洗ってはいけない、という意見があります。査定人に見てもらう時に、見苦しくないようにきれいにしておいた方が、少しは良い結果につながりそうなものですが、汚れをきれいに落としてしまうと、表面にある細かいキズがとても目立ってきます。


とはいえ、査定を担当する人もそこはプロです。


洗車していても、そうでなくてもキズを見落とすかもしれない、などと考えない方が良いでしょう。



そういうことなら、査定人に良い印象を持ってもらうため、汚れをざっと落とす程度に、少し洗車しておくべきでしょう。

Post Navigation