車の下取りの際に注意するべき事は、自動車税に関してのことです。
これは、販売業者によって違うようです。通常、しっかり説明してくれます。


特に排気量の多い車では、数万円となるため、軽視してはいけません。


逆に、軽自動車ならば数千円のことなので、そんなに気にしなくてもいいでしょう。車の査定を受ける時、その車を洗っておくかどうか、というと洗うべき、という意見と、洗ってはいけない、という意見があります。
査定の人に隅々まで見てもらうわけですから、洗車しておけば良いだろうと考えてしまいますが、そうすると、汚れの下に隠れていた微細な傷まで露わになってしまうわけです。
理屈としてはわかりますがしかし、査定人もこのための訓練を受けてきたプロです。洗車していようがしていまいが車についたキズのチェック漏れなどはあり得ないでしょう。
だったら、査定人に気持ちよく仕事をしてもらうためにも、ある程度以上の汚れを落とすため、少し洗車しておくと良いです。

車の買い換えですが、最近では、専門の買い取り業者に車の査定を頼む人が大勢います。ところで一つ気にしておきたいことがあり、査定を受ける際に、故意に事故歴や修理歴を伝えなかったらどうなるか、です。
車を売却する際には、店と契約書を交わしますが、そこにある買取査定規約によりますと、事故歴については、わかっている場合には申告の義務を負うことになっています。
ですから、事故歴を知っていて隠していた場合は、売買契約を済ませた後でも業者側からの事後減額要求が可能とされており、くれぐれも事故歴の申告を怠ってはいけません。

Post Navigation