もちろん、事故車であっても査定を申し込むことは可能ですが、査定にはかなりマイナスになるでしょう。とは言っても、事故車であるということを隠そうとしても査定する人は事故車であることは分かるので、マイナスの印象を与えてしまいます。



もし、事故での損傷がひどすぎる場合は、数は少ないですが、事故車を専門にしている買取業者の査定を受けると良いでしょう。



その方がより高い査定金額をつけてくれる場合もあるでしょう。



通常の中古車なら車の買取に出して高い価格で売ることもできますが、事故車になると引き受けて貰えるだけで十分と考えるかもしれません。しかし、近頃では事故を起こした車であっても一括査定で複数の買取会社の査定を受けてみると、予想以上の高値で買い取ってもらえる可能性もあるのです。万が一、車買取時に絶対に必要な、納税証明書がなくなった、という時には自動車税の支払先の都道府県にある税事務所に再発行してください。

もしくは軽自動車であれば、市役所または区役所で手続きしてください。もし紛失していればすぐに手続きを終わらせて、車の買取の時には準備できるようにしましょう。

Post Navigation